派遣・契約社員から正社員になる

6cab74a6fe1894b96d21542e1f38ed02_s

 

女性の言う「経済力」には、安定性も含まれます。
将来、支えてくれる人を、最終的には選ぶからです。
もし、貴方がつきあっている時に派遣社員だった彼が正社員になっていたら、彼女からすると、「前より安定している仕事に就いている。いい男になった」と、その成長度合いを感じ、ヨリを戻せる可能性はグッと上がります。

歳を重ねるほどに、相手の社会的地位が不安定であることは、別れの大きな理由となるからです。

派遣社員から正社員になるのは、いきなりは難しいかもしれません。

であれば、契約切り替え時に「他に行かないでほしい」と言われるような存在になりましょう。
正社員と同じレベルで仕事をするのではなく、正社員以上の仕事をするように心がけてください。
雇う側の人間は「払った金額以上に成果を出している」人間を評価し、求めます。
つまり、派遣社員が正社員並みの成果を出せば、よほどのことがない限り、派遣先の企業から「延長できないか」と提案されるはずです。
そうなったらチャンスです。
正社員になれないか、聞いてみましょう。
この会社で働きたい、正社員になってもっと成果を上げ、貢献したいと伝えましょう。
こうして貴方の気持ちを明確に示しておけば、たとえ今回は無理だったとしても、今後、社員登用のチャンスがあるとき、必ず声をかけてもらえます。
正社員がぐっと現実に近づくでしょう。

企業によっては、派遣社員からの社員登用が認められないこともあるでしょう。
もし、現在の勤め先(派遣先)で社員登用が見込めない場合は、職場を変えてもらうのも手ですし、「契約社員」を目指す道もあります。
会社と直接契約できるため、派遣社員よりも安定した立場になります。まずは契約社員、それから正社員と、ステップアップするのも1つです。
希望する会社で正社員になれればそれに越したことはありませんが、今の時代、派遣社員、契約社員から正社員になるのは、そう簡単ではありません。
とりあえず正社員の立場を手に入れ、そこから希望する会社に転職活動するほうが、近道となることもあります。

このとき、狙い目となるのが、有名だけれどブラックな会社です。

ブラックなだけあって辞める人が多く、派遣社員や契約社員であっても入社しやすいうえに、転職の際、「あそこに勤めていたのか」と、自己紹介しやすくなります。

勤務中はツラいこともあると思いますが、それも少しの辛抱。
「今のままでいいや」と現状を受け入れるのではなく、彼女との将来のために、自分はどうあるべきか意識して、変えていきましょう。