はじめに現実を受け止める

c38837f3c3f271da32e15ce63f3c6694_s

 

別れ話の最中、彼からどんな言葉を言われましたか?
「忙しすぎて、相手をする余裕がない」
「かまってあげられなくて、悪いと思った」
「嫉妬されてばかりで疲れた」
「オレより、もっとステキな人はいるよ」
など、様々なことを言われたのではないでしょうか。

こんな風に言われて、貴女はこう考えた(ている)かもしれません。
「『連絡くれない』と怒ってばかりだったこと、反省している。もうしない」
「『かまってほしい』と言いすぎた。直さなければ」
「嫉妬するの、やめるから」

「別れる原因となった自分の悪いところを直せば、彼ともう一度つきあえるはず」

いかがですか。
別れる原因となった問題さえ解決すれば、彼はもう一度自分のところに戻ってくる。
そう考えてはいませんか。
残念ながらそれは誤った認識です。
彼と貴女が別れた理由。
それは、彼がもう、貴女のことを好きではなくなったから。
ただそれだけです。
貴女が頑張って原因を取り除いたところで、貴女に対する気持ちが冷めてしまった彼の心のありようは変わりません。
別れ際の彼の言葉にすがるのはやめましょう。
その言葉は半分本心で、半分はやさしい嘘です。

もし、原因がそれだけだったら、好きな気持ちが残っていたら、彼は貴女と一緒にその原因を解決しようとするはずです。
でも、それをしなかった。
ということはつまり、今の彼は貴女自身を拒絶しているということなのです。
悲しいことですが、現実を受け止めましょう。
彼との関係を見つめ直し、冷静に対処しましょう。
そうすることが復縁へ向けての第一歩です。

彼と復縁したい。
もう一度つきあいたい。

厳しいことを言いますが、その願いを叶えるには、今のままの貴女では難しいでしょう。
なぜなら、一度別れることになった恋愛を、お互いが何も変わらないまま復活させても、また同じ結果になってしまうからです。
これから復縁のために知っておくべきこと、そして彼の心を取り戻す方法を1つずつお話ししていきます。

貴女にとって、つらい道のりかもしれません。
彼を取り戻せるなら、彼とやり直すことができるのなら、たいていのことは我慢できる。
そう思えるのであれば、次からのページを読み進めてください。
覚悟はよろしいでしょうか。
それでは、復縁に向けて1歩踏み出しましょう。