彼の中の貴女の悪いイメージを消す

505046e6d663ee5994ba73f016e048dc_s

半年も彼と連絡を取れないなんて長すぎると思うかもしれません。
ですが、半年時間を置くのには、しっかりとした理由があります。
別れた直後の彼は、貴女に対して「いい感情」を抱いていません。むしろ「悪い印象」ばかりでしょう。
このときの彼は気持ちが冷めた状態です。そんなときにいくら感情をぶつけても、相手は「重い」としか受け止められません。
場合によっては、嫌われてしまうかもしれません。
つまり、今、貴女から彼にアプローチすることは、逆効果にしかならないのです。

ところが半年くらい経つと、状況が変わっていきます。
彼の中の貴女に対する悪い印象が消えてしまうからです。
これが、半年我慢をしなければならない、いちばん大きな理由です。
もう少し詳しくお話ししていきましょう。
たった半年くらいで悪い印象がなくなるなんてありえない、そう思う人もいるでしょう。
でも本当に、かなりの度合いで忘れます。
男性と女性とでは、脳の仕組みが異なるため、記憶の処理方法が違っているのです。
女性は「感情」をベースにして記憶するメカニズムになっています。そのため、思い出すときも感情から入ります。
「あそこに行ったときは楽しかったなぁ。そういえば同じような気分を、あのデートでも感じたなぁ」というように「感情」で様々な出来事を結びつけていきます。
うれしかったことを1つ思い出したらそれで終わりではなく、次々とうれしかったことを思い出し、悲しかったことを1つ思い出すと、「悲しかった」という感情がキーとなって、他の悲しかったことを思い出していくのです。

一方、男性の記憶のメカニズムは、まったく違っています。「感情」ではなく「物事」をベースに記憶していくため、思い出すときも物事から入ります。
デートの思い出も、「デートスポット」とか「デートスポットにあったもの(遊園地であれば、観覧車など)」が記憶の土台。
「○○にデートに行ったなぁ。そういえば、×× にも行ったなぁ。楽しかったなぁ」という順番で思い出すのです。
人に対する感情も同じです。

別れた当初、貴女に対しての彼の感情の記憶は「会うとちょっとイヤな気分がする女性」。
残念ですが、仕方のないことです。
この悪しき感情の記憶がなくならない限り、貴女に会うとイヤな気分がするため、彼は貴女を避け続けます。
さらに逃げなきゃいけない環境に追いこむ貴女に対して、さらに悪しき感情を抱くようになります。
しかし、先ほどお話ししたとおり、時間が経てば、彼の「感情」の記憶は薄れていきます。

つまり、
彼は半年、貴女に会わないことで、貴女に対する悪しき感情を忘れてしまうのです。

しかも、人間は「忘れたい記憶については、あえて思い出さないことができる」という能力を持っています(だから、昔の記憶が美化されるのですが)。
その結果、貴女とのイヤな思い出も、貴女に対して抱いていた負の感情も消えていくのです。
「半年」という時間は、彼が貴女に関するイヤな記憶を忘れるために最低限必要な時間というわけです。
半年経った後の彼は、実にすばらしい状態になっています。
「ほとんどの男性は、今までつきあった女性を『イイ女だった』と思っている」といった話を聞いたことはないでしょうか。
これは、男性の特徴をよく表している事例です。
女性はちょっと違いますよね。「この彼は最悪だった」なんて記憶も、結構長い間しっかり残っていますし、ずいぶん前のことが、ふとよみがえってくることもあるでしょう。