「もっと知りたい」と思われる女性になる

59df637291164c8cb4ab52b28ed461a6_s

 

貴女にはこの半年間でやることがたくさんあります。
彼ともう一度やり直すためには、貴女自身を鍛えることが必要だからです。
鍛える目的は大きく2つあります。

1つは、貴女の魅力を向上させて彼を再度振り向かせるため、そしてもう1つは、貴女の彼に対する依存性を下げるため、です。
男性は「この人の魅力の元を全部見てしまった」と感じたとき女性に飽きてしまいます。
今の彼は、貴女に飽きている状態です。
なので、彼の知らない貴女をつくるのです。
どんな男性も「チラリズム」が大好きです。
見えそうで見えないものがあると反応し、追いかけます。

男性誌によくある袋とじ。これもその心理をうまく活用している例です。ところが、袋とじに魅了されて雑誌を買うにもかかわらず、見終わったとたん飽きてしまいます。
なのにまた、次の号が出ると買ってしまう。
それも何度も……。

女性から見ると「バカじゃないの」と思うかもしれませんが、これが男性心理なのです。
この「チラリズム」の心理が、女性に対しても同じように働きます。
女性と知り合った。この人のことをもっと知りたい。

こうなったときに男性は女性を追いかけます。そして、チラリと素敵な部分が見えると
「もっと見たい、もっと見たい」と、さらに追いかけ、いろいろな面を知ろうとします。

つきあう前の男性が焦っていることが多いのは、
「もっとその女性を見たい」
「この女性の考えていることをもっと知りたい」
という強い思いからなのです。

一方、つきあった後に男性が冷める心理も、この「チラリズム」に起因しています。

袋とじを開けてしまうと、「十分、中身を見ることができた」と満足してしまい、興味がなくなるのと同じように、つきあうことで、彼女の心を手に入れ、体も手に入れると、「全部わかった」と思って男性は満足してしまうのです。
これが、男性が女性を追いかけて立ち止まるまでの心理です。

思い当たる節がある人もいるのではないでしょうか。
ちなみに、キャバクラにはまる男性が少なくないのは、追いかけても追いかけても手に入れることができないというこの心理を、システムとしてうまく使っているからなのです。
このような仕組みの男性にもう一度追いかけてもらうには、「新しい謎な部分」を持つことです。
男性は「新しい謎な部分」を発見すると、「まだ、彼女のすべてを見ていない。
追いかけたい」と考えます。

つまり、この「新しい謎な部分」をつくること。
それが、この半年間で貴女がすべきことなのです。
それも1つではありません。
「新しい謎な部分」が1つしかないと、彼がそれに気づかない可能性があります。
気づかない=追いかける要素がないということになるので、復縁の可能性は下がります。
そうならないためにも、複数の「新しい謎な部分」をつくっておくことが必要です。
のんびりしている暇がない、ということがわかっていただけましたか?

「新しい謎な部分」を作り出すには、次の3つを行うことが必要です。
・ファッションを変える(注)
・新しいことにチャレンジする
・考え方を変える
それぞれ具体的にどうするかについては、これからお話ししていきましょう。
なお、「考え方を変える」については、とても深い内容なので次章でお話しします。

(注)ファッションを変える については以下の本をご覧ください。
やっぱり彼と復縁したい貴女へ