自分が悪かったところを理解して反省する

7385ba5b398d51d97b83837512c7bd71_s

しっかり冷静に振り返ってみると、別れの原因がいろいろと見えてきます。
掘り返していくことで、表面上の理由だけでなく本当の原因が自分の心に問題があったことも含めてはっきりします。
こうして見つけ出した別れの本当の原因についてしっかり対処法を考えておけば、次に彼とつきあったとき、同じ別れを繰り返さなくてすみます。
それには、しっかり反省することが必要です。

自分が悪かった部分を追究していけば、自然と反省の念が生まれてきます。
「どうして私、こんなことしちゃったんだろう」
「それはイヤになられて当然だよね、それだけのことをしちゃったんだから」
「彼にゴメンナサイと言いたい」
こういう気持ちがあふれてくることでしょう。

でもちょっと待ってください。
ここで大事なことがあります。
謝りたくなったからと、彼に連絡してはいけません。
今、彼に謝ることはマイナスにしかなりません。
ここで謝ることは「自己満足」以外の何物でもないからです。

どうして彼に謝っても意味がないのか、お話ししましょう。
彼は今、貴女と距離を置くことを望んでいます。
生涯にわたって距離を置きたい、ということではありません。
「現在」は距離を置くことを望んでいるのです。
そんなときに彼との距離を近づける行為は、相手の望んでいないことをすることになってしまいます。
反省して後悔して、謝りたくなった。その気持ちはものすごく大切です。
貴女の気持ちの純粋さを表していると思います。
その純粋さがあれば、もっともっと素敵な女性になれることでしょう。
でも、今はその純粋さを発揮する場面ではありません。

「謝罪」というものは、相手が謝罪を望んでいてこそ、効果を発揮します。

相手が望んでいない状態での謝罪は、相手にとってなんの効果もないのです。
これが、彼に謝ってはいけない理由です。
間違えないでほしいのですが、彼に謝罪したいという気持ちを捨てろ、と言っているのではありません。
単に、今は反省のタイミングであり謝罪するタイミングではない、ということなのです。
謝罪のタイミングはとてもとても重要です。
このタイミングを間違うと、謝罪は謝罪でなくなってしまうからです。
この反省すべきタイミングで、彼に連絡を取り謝ってしまったことで、復縁に失敗した人は数多くいます。

自責の念に駆られて彼に謝罪をするメッセージを送ってしまった。
すると彼はそのメッセージを見て、過去のイヤな記憶を思い出してしまいます。
そして、貴女へのマイナスの感情を抱き、また不仲な関係に戻ってしまうのです。

思い出してください。
貴女のやりたいことについてです。
貴女のやりたいことは、彼への謝罪でしょうか。
違いますよね?
彼と復縁したいのですよね。

謝罪したいという気持ちはよくわかります。
「私、なんてことしちゃったんだろう」そういう気持ちはとても大切です。
でも、今は謝るタイミングではありません。
グッとこらえてください。
そして、謝る日が来るまで待ってください。
頑張って待てば、彼に謝る日は訪れます。
謝る日は再び彼とつきあったとき。つきあってしばらくしてから彼に謝罪するのであれば、問題ありません。

そのときの彼は、貴女ともっと距離を近づけたい、貴女と長くつきあいたい、と思っているでしょうから。
それまで、今の気持ちを大事にとっておいてください。
「謝りたい」という気持ちがあふれてくるのは、神様からの大切なプレゼント。
その気持ちを大切にしてください。次に彼に会う日までこの気持ちをとっておくことができれば、今度はきっと彼とうまくいきます。
衝動のままに謝ってスッキリしてしまうと、このとき抱いた謙虚な気持ち、次はうまくいかせようという気持ちが薄れてしまいます。
そうならないために、神様が長く長く、謝りたいという気持ちを維持させるよう貴女に試練を与えているのです。
今の気持ち、大事に大事にとっておいてください。
貴女が本当に謝れる日が来るまで。