「私はこう生まれ変わるんだ」と自分の心に宣言する

68d07b10da2e4b61c51ac0eab20b0816_s

反省が進むと、「もう、二度とこんなことはしない。私は生まれ変わるんだ」とすがすがしい気持ちになってきます。
でも反省して後悔するだけでは、次の行動に活かされません。
「二度とこんなことはしない」という気持ちをもとに、「次はこうしよう」とこれからの行動について考える。
そうしてはじめて、貴女自身が変わることができるのです。

この「私は生まれ変わるんだ」という気持ちは、きちんと反省できれば自然に湧いてきます。
後悔の念は完全には消えませんが、別れの本当の原因を見出し、しっかり反省すると「今度はこうすれば大丈夫」ということがわかり、少し前向きな気持ちになるのです。
前向きになったらタイミングを逃さず「私はこう生まれ変わるんだ」と自分の心に宣言してしまいましょう。
あらためて宣言することで、さらに前を向くことができます。

宣言したら、
「同じことはもう繰り返さない」
「今度同じ状態になったときには、このように行動しよう」と
未来をシミュレーションしてください。

シミュレーションは、次に同じ状態に陥ったときに失敗を防いでくれる大事な命綱になります。
過去の経験は大事な資産。自分への宣言を実行するために大いに活用しましょう。
このとき、やりがちなミスがあります。
それは、彼に連絡を取ってしまうこと。
「もうしない」「私は変わるんだ」という気持ちが湧いてくると、彼にわかってほしくて、応援してほしくなって、「私、もう今までと違うからね」と宣言したくなります。

ですが、これは逆効果。
半年経たないうちに連絡を取ることで彼にイヤな気持ちを与えたり、思い起こさせてしまい、二人の関係が悪くなってしまうのが1つ。
もう1つの理由は「男性は結果を以って相手を評価する」からです。
「私は変わるんだ」という気持ち、とても大切です。
しかし、男性はその気持ちを評価しません。実際に生まれ変わった姿を見てはじめて評価します。
たとえば、彼のプライベートをすべて調べようとしていた女性が「もうしない」と言っても彼は信用しません。
それどころか「そう言って結局……」と疑いを抱きます。信用してもらえるようになるのは、実際にプライベートを覗かれなくなったと彼が感じるようになってから。
結局、態度で示すことが男性にとってすべてなのです。

つまり宣言することになんの意味もないのです。

もし、どうしても「生まれ変わった宣言」をしたいのであれば、彼と再びつきあい始めて、2、3か月が経った頃。
「えへへっ、前とは違うでしょ。頑張って生まれ変わったんだよ」と彼に伝えてみてください。
結果として出ていれば、彼も変化を認め「偉いぞ!」と誉めてくれるでしょう。