2回目以降のコンタクトは急がないこと

fdbd8e665b2125a504ab150f85de6305_s

1回目のメッセージは、短く、挨拶程度のものを送った。
すると、彼から「元気だよ」と返事が来た。
さあ、次はどんなメッセージを送ろうか、とワクワクしてきたかもしれません。
ですが、いきなりメッセージで盛り上がるのはNGです。
ゆっくり時間をかけて盛り上がったほうがうまくいくからです。
まず、すぐに返事を返してはいけない、ということを理解しましょう。

メッセージは、返事の時間も含めてコミュニケーションになっています。

すぐにメッセージを返してしまうのは、こちらが盛り上がっているのをバラしてしまうのと同じ。
自分が盛り上がっていない段階で、貴女が盛り上がっているのに気づくと、彼は気持ちの盛り上がりに大きな差ができてしまったように感じ、「向こうだけ盛り上がっている。
どうもテンションが違うから、放置したほうがよさそうだ」と判断します。
こうならないためにも、ある程度の時間を置いて彼をじらしたほうがよいのです。
彼からの返事が遅かったら、同じくらいの時間を見て返信するほうがよいでしょう。
なぜなら、同じ時間だけ放置したうえで返事をするということは、彼とテンションが同じであることを示すことになるからです。

こちらからメッセージを出す=こちらのほうがテンションが高い、と感じ取られる可能性が高いので、テンションが高いことを彼に知られないようにする必要があります。
彼からすぐに返事があった場合でも、じらすことを心がけたほうがよいでしょう。
彼と連絡が取れてうれしい気持ちはわかりますが、まだ先は長いのです。
「今の気持ちより、未来の二人」を優先して、今は待ちの姿勢を貫いてください。