ズルい男心の攻略法

b50915880dc60d1feff63605930de36a_s

 

貴女の成長を感じると、彼は自然に復縁を求めてくるようになります。
ただし、「またつきあってほしい」とは、なかなか言葉にしてくれないかもしれません。
そんなときは貴女から「もう一度つきあわない?」と聞くようにしましょう。
彼が「つきあう」という言葉を口に出さないまま関係を持てば、前章で説明したようにセフレの関係になってしまうことがあるからです。

しかし、彼が明確に言葉に出して「つきあおう」と言った場合には、かなり信頼できます。
そして、その言葉を引き出すことは非常に大切なことなのです。

復縁をするとき、彼は非常に悩むはずです。
「また、同じことを繰り返すのでは?」
と。

そして、
「今は関係だけ持っておいて、二人の未来は後から考えればよいのでは」
こんな風にズルいことも考えるでしょう。

しかし、「つきあうか」「つきあわないか」の2択になると、彼はその2択で考えざるを得ない状態になります。

そのとき、彼が本当に貴女に惹かれている状態であれば、迷いを払拭して「つきあう」という選択肢を選びます。
ここは、自分を信じて彼に聞いてください。

「また、つきあおうか?」と聞くことは非常に勇気がいるでしょう。
そして、「ダメ」と言われる可能性も否定できません。
たしかに、怖いですよね。
「断られたら……」と不安になりますよね。
でも、頑張りましょう。
最後の踏ん張りどころです。
この坂を登り切れば、再び彼と幸せになれるのです。
坂の頂上はもうすぐ。あと少し登り切るだけ。その先には幸せがあります。勇気を出して、1歩進んでください。

さりげなく彼に声をかけるだけでOKです。
彼は少し考え込むことでしょう。
1分くらい、黙るかもしれません。
「本当に、もう一度やっていけるだろうか」彼は悩むことでしょう。
それでもきっと、「そうだね、つきあおう」と言ってくれることでしょう。
二人のつきあいが再開すれば、また、昔のように彼から「やっぱり君のことが好きだ」「愛しているよ」と言ってもらえるはずです。

そんな幸せが目の前に待っています。
勇気を持って、彼に「また、つきあおうか?」と聞いてください。
この勇気が貴女を幸せにしてくれますから。