むやみに謝らない、宣言しない

93642975e4fa330729ed31f0bce4ca18_s

復縁のために正しく反省するうえで気をつけるべきことが2つあります。

① むやみに謝らないこと
② 新しい自分に生まれ変わったと宣言しないこと

反省というと、謝罪とセットのように思えますが、下手な謝罪はかえって復縁の可能性を下げることになってしまいます。
「別れてやっと気づいた。俺はこれほどまでに彼女を傷つけていたんだ。申し訳ないことをした」
反省すればするほど、彼女に謝りたい衝動が出てきます。

ただし、① 別れを切り出された直後以外は謝ってはいけません。
別れを切り出された直後であれば、まだ反省は相手に通じます。
ですが、それ以降は反省したことを相手に伝えても「今さら何言っているの。遅い」と、余計な怒りを生むだけです。
というのも、男性が謝る行為を「ただ自分が許してもらって気持ちが楽になりたいだけでしょ」と、いわば自慰行為だととらえる傾向が女性にはあるからです。
実際、そういう男性も少なくありません。
しかし、自分のために謝るのでは、彼女の心に響くわけはありません。

復縁に余計なトラブルは禁物です。

また、謝るにしても彼女の言い分を先に全部聞いてから。
謝罪を無理やり伝えることに意味はありません。ただ「許してもらいたい」という自己満足のためだけの行為になってしまうからです。
さて、話を戻しましょう。なんのために反省するのか。

それは、貴方のためです。
何がダメだったのか、別れることになった本当の理由がわかるのと共に、失敗しないためにどういった対策をとればいいか、もし同じ状況に陥ったときにどう対処すればいいか、が見えてくるからです。
さらに、「次からはこうしよう」「もう失敗はしない」という気持ちも湧いてきます。
これもとても大切なことです。
その気持ち、しっかり覚えておいてください。
ただし、自分の中で改善点が明確になり、その方法が確立したら、反省はいったん完了してください。
これ以上の反省は「ただ、過去の思い出を繰り返し思い出しているだけ」。
それはただの「後悔」です。

「後悔」と「反省」は違います。

反省は改善を伴います。次の行動をいいものにすることができます。
ところが後悔は、「あの時、あんなことをしなければよかった」と繰り返し考えるだけ。
いくら考えても、過去は変わりません。
後悔をしすぎると過去にとらわれて、いい未来をつくることができなくなります。
貴方が目指すべきは、未来です。
これからどうあるべきかを考えましょう。
反省が完了し、改善点が見えてくると、自分が生まれ変わったような気がしてくるでしょう。
そうすると、さっそく自分の成長を彼女に示したい、という欲望が湧いてきます。
これがまたクセモノです。
繰り返しになりますが、絶対に、彼女に連絡しないでください。
「生まれ変わった宣言」は完全に彼女に嫌われる行為だからです。
なぜなら、今の貴方は彼女を傷つけて信用されていない状態。
そのような状態で、いくら彼女に「今後は同じ失敗をしない」と言っても信じてもらえません。
「ただ、口先だけの男」と見なされるのがオチ。
貴方がすべきなのは、彼女の信頼を得ることだけです。
貴方の成長は、言葉で示すものではなく、態度や行動で示し、彼女に感じとってもらうもの。
ヨリを戻した後、もしくは復縁に向けていい関係性になりつつあるときに、同じ失敗を繰り返さないこと。
これが貴方がやっていい唯一の「自分改善宣言」です。
信頼は一朝一夕には生まれません。